オンラインカジノ ガイド
www.onlinecasino-jp.com Since 2002 

オンラインカジノ

オンラインカジノの個人所得税について

 オンラインカジノで大金が当たった場合の合法的節税について考察してみました。
 

一時所得


オンラインカジノ 所得税


通常、オンラインカジノで勝って払い戻しをした場合は、日本の所得税法では一時所得扱いになるはずです。一年間のオンラインカジノでの勝負の結果、経費を引いた額が20万円を超えて勝ち越していた場合は、その翌年2月に所得税の確定申告を行なわなければなりません。ここで言う経費とはオンラインカジノを行うために発生した経費のことです。例えばインターネット接続料金やパソコンの購入代金などが経費扱いとなるでしょう。

但し、オンラインカジノの負け越しに対しての所得税の控除が認められているか定かではありません、本来であれば毎月の勝ち負けの収支を控えておいて確定申告を行います。

とは言いましても、パチンコやその他のギャンブルで生活している方々が、毎年きちんと確定申告に行っていると聞いた事もありませんし、それで税務署に捕まった話も聞いた事もありません。大きな脱税でもない限り、パチンコなどのギャンブルは、大目に見てくれているようです。

オンラインカジノは日本の宝くじなんか買うよりもはるかに高額賞金を手に入れる確率が高いです。毎月高額なジャックポットの賞金が公表されているのを見れば分かります。次に幸運にも高額ジャックポットに当選された方のためにアドバイスいたします。(本当にこのホームページを見ている人の中から出るかもしれませんから。)


 

カジノで高額賞金が当たった場合の節税


オンラインカジノ 税金


日本の税金を取り巻く環境は大きく変わろうとしています。
2016年からマイナンバー(社会保障・税番号)制度が始まります。始動当初は任意ですが、銀行口座にもマイナンバーの登録が始まります。数年後には任意から強制になると言われてます。国によって個人のお金の流れは丸裸にされます。まだ任意ですが強制された場合、海外オンラインカジノで高額賞金が当たって日本の銀行口座(マイナンバー登録)に送金したら、すべて記録が残ります。

では仮に3億円以上のジャックポットが出た場合を考えてみましょう。


 

違法編(これやっちゃダメです、脱税です)


租税条約締結国
オンラインカジノ 合法



1、日本と租税条約を締結国していない国に銀行口座(VISA、Masterデビット機能付きのATMを発行している銀行)を作ります。
2、海外のオンラインカジノに海外に作成した銀行口座に3億円の賞金の送金を依頼します。
3、近くのATMで毎月使いたいだけカードで出金します。

(備考)さらっと簡単に書きましたが、実際は簡単ではありません。まず海外の銀行口座は基本的にその国に移住した者でないと開設できない所がほとんどです。(労働許可書の提出や移住ビザの提出を求められます) 言葉の問題もあります、日本語で口座開設できません。3億円も送金したら、銀行から英語でお尋ねが来て、マネーロンダリングが疑われたら入金を拒否されます。また、近年では日本での海外発行ATMの不審な引出し情報は記録されていると言われています。

合法編(日本から出る勇気のある方はどうぞ)


オンラインカジノ 所得税
オンラインカジノ 税


1、所得税の安い国に移住する。
オンラインカジノ ジャックポット


最近では海外のロングステイ情報がたくさんあります。その中でも、おすすめは東欧諸国やアセアン諸国です。長期滞在ビザが取れやすく、銀行口座も移住先の住所証明とパスポートだけで口座開設できるところが多いです。

2、日本の非移住者になる。

これを書くと勘違いする人がいるかも知れませんが、非移住者になっても日本国籍は維持できます。役所に行って移住先の国と都市名を伝えて、住民票を日本から出転します。海外に移住しても日本に住民票があったり、妻子を残して来たり、持ち家が日本にある場合は、日本に税金を払う義務があります。

3、移住先で銀行口座を作る。
4、海外のオンラインカジノに海外に作成した銀行口座に3億円の賞金の送金を依頼します。

入金時に、マネーロンダリング防止の為、たぶん銀行からお尋ねが来ます。カジノの利益と言っても問題ないと思います。

5、所得税を払う。

黙っていても、向こうから来ると思いますが、税務機能がきちんと働いていない、遅れた発展途上国などでは、税務署からのお尋ね自体が来ないかも知れません。

(備考)税金の安い国、あるいは無税の国に移住する計画は、かなりの知識と時間が掛かります。国ごとの制度も違うので、一色単には説明しきれませんが、3億円あるのなら、日本から出て暮らすのも考えてもいいかも知れません。香港のファイナンシャルパートナー(日本人もいます)などに相談すると節税のための合法的なスキームをアドバイスしてくれるサービスを行っています。


もしも、ジャックポットで数億円当たったら?なんて夢みたいな事を考えて、あれこれ考えるのも面白いものですね。
 
 
 

 サイトリンク